2008年2月18日 (月)

積雪!with EBC FUJINON 55mm part2

今年は珍しく2度も積雪があり
2度目は大阪にしては本格的。
その時のはまたにして1度目の続き。なので溶けかけのモノです。

P2030819.jpg

雪崩

滑ってます。
 
 
P2030823.jpg

おぇっ。
 
スイマセン...。


P2030824.jpg

石像
 
見る人が見たらすぐわかるこの子。雪が似合う。
 
 
P2030810.jpg
 
牡丹?
 
たぶん...。

2008年2月 7日 (木)

積雪!with EBCフジノン55mm

前日雨が降っていたので
単なる雨だと思っていたら
朝起きると一面、とまではいかないものの多少銀世界。
雪もまた雨に変わっているのですぐ雪はなくなりそう。
ちょうど外出するので地元の駅まで
ちょっと回り道して気ままにスナップ。
すべて E-410 + EBC Fujinon 55mm F1.8です。

P2030811.jpg

葉っぱ

さすがにアスファルトではすぐ溶けてしまうのに
葉っぱの上だけ...。
 
 
P2030817.jpg

ゲッツ
 
何これ?
 
 
P2030818.jpg
 
ブロック
 
郊外とはいえ、大阪ですのでこの程度。
数cmの積雪も毎年ではないですしね。 

2007年12月28日 (金)

光のルネサンス?

お茶濁し第二段。
新梅田シティから中ノ島へ。
結局光のルネサンスの写真はブレ写真も多く
また、で一体何が言いたいねん的な
タダの記念写真を量産したので
ほとんど載せるの止めました...。

Pc190500.JPG
 
人工の川
 
キレイにライトアップされてる。
"若い頃は"結構来たなぁ、ココ。
 
 
 
Pc190505.JPG
 
水晶橋
 
以前Pen-FT+SMCT135で露出失敗した写真。
ま、こんなもんかなぁ。
 
 
Pc190522.JPG
 
光のルネサンス!
 
バラと一緒に見られるのはなかなか。冬なのに。
 
  
Pc190553.JPG
 
イルミネーション
 
よくわかんない写真っす。
標準ズームの性能がわかるような写真でしょうか???


Pc190532.JPG
 
公会堂
 
個人的に記念の場所です。
信号が邪魔ですが。 

2007年12月27日 (木)

ドイツフェア~光のルネサンス

最近なかなかスキャニングする時間がとれず...。
デジで撮ったモノでお茶を濁しておこうという
魂胆バレバレですが
ドイツフェアと光のルネサンスに行ったので
暗闇はデジの方がいいと、理由付け。
当日は三脚を持っていったのですが
クイックシューを忘れ...タダのウエイトに...。
仕方なく感度を上げて手持ち撮り。
結構手ブレ。こんなときE-510が羨ましい。

Pc190472.JPG

街灯っぽい

酒に弱いワタシがホットワインを飲みながら。
お店の明かりです。ジャーマンポテトが美味しい。
 
 
Pc190481.JPG
 
ツリー
 
やっぱりデカイ、ビルが。
 
 
Pc190483.JPG
 
メリーゴーランド
 
ネンキのはいった移動式メリーゴーランド。
露出がアンダーっぽいですがワタシはこの方が好みです。

 
  
Pc190490.JPG
 
違和感
 
そんなメリーゴーランドがこんな高層ビルの間に。
変なとり合わせですがそれはそれで、ね。
 
お酒のせいではないですが
このときはあまり感度を上げてなかったので
かなり手ブレしてました。
EBC FUJINON 55mm-F1.8、28mm-F3.5と標準ズームを持ってったが
結局標準ズームばかりを使うことになってしまった。
一枚目は55mmフジノンですけど。
アップすると空が縞々になるのはなんでなんだろう??
解像度落とした後も元画は大丈夫なんだけど??
また調べておこう。

2007年11月28日 (水)

E-410+キットレンズ試し撮りその3

デジイチの利点、感度を自在に変えられるのを試したくて
夕方にいくつか撮ってみた。
E-410はE-510やE-3に比べて
手ぶれ補正がついてないので不利ですが
銀塩一眼よりは便利。一脚持ち歩くだけでなんとかなりそうかな?
街灯シリーズ。
 
Pb210052.JPG
 
 
電線がじゃまだなぁ。高圧線はどうしようもないか。
 
 
 
Pb210054.JPG
 
サクラの木の紅葉も結構美しい。 
 
 
Pb210058.JPG
 
手持ちでも割としっかり止り
ノイズがどうのこうの、ってのはあまり気にならない。
十分実用的。 

Pb210063.JPG
 
さすがに手ブレしているが解像度を落としてなんとか。
こういった情景はライブビューは便利と感じる。
要は被写体によってカメラを使い分ければいいことなのだろうなぁ。
 
頑張って慣れよう。

 

2007年11月26日 (月)

E-410+キットレンズ試し撮りその2

前回の続き。
 
Pb210029.JPG
 
夕焼けはまあこんなものかな。
 
 
Pb210036.JPG
 
ガオーッ!
 
Pb210042.JPG
 
 
この二つのショットは画素数を落としているのでまだ見られるが
元画像はブレブレ。
3点のままAFが迷い、
ライブビューでは風で揺れる花や葉っぱは
合焦とレリーズのタイムラグが大きすぎて役に立たず
ファインダーでは小さすぎて素通しのスクリーン上で
MFのピントを合わすのは至難の技なので置きピンも難しい。
E-410には苦手な被写体だな。
こういった被写体はフイルムMFカメラの方が圧倒的に撮りやすい。
 
3点のAFは対象分が1つだと合焦は速い。
やっぱりコンデジとは雲泥の差がある。
しかし近くにモノがあると思った通りにはなかなか行かない。
DiMAGE7だと合焦点を十字キーでファインダーを覗きながら
カーソルを動かすように選択できたので
鈍くてバカでもピンポイントで狙えたのは良かった。
E-410では合焦点はメニューから辿って行かなければならず
結局のところ三脚でアングルを決めた時にしか使えない。
(このあたりはE-410がダメというよりDiMAGE7が優れていたというべきか)
その状況では3点というのは少ない気がするが
中央1点にAFを固定すれば手持ちではAF-L使えば困らない事が判ってきた。
アングル固定でもS-AF+MFで合焦後MFで動かせば大丈夫なように
ファインダーの改善は必要かもしれない。
マグニファイヤーを手に入れるかな。

2007年11月23日 (金)

E-410+キットレンズ試し撮り

屋久島で瀕死の重傷を負ったDiMAGE7UGには
申し訳ないが引退してもらうことに。仕方ない。
代わりに手にしたOLYMPUS E-410。
(損保会社様、助かりました!!)
まだキットレンズのZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6しかないんですが
さっそく近所の公園で試写してきました。
 
 
Pb210016.JPG
 
 
 
Pb210019.JPG
 
 
花撮りはマクロレンズが無いと厳しいですね。
キットレンズだと望遠側はF5.6でボケは弱い。
広角側の方がF3.5で案外素直にボケてくれる感じがする。
ただ...
 
 
Pb210021.JPG
 
 
 
Pb210023.JPG
 
 
失敗写真2枚ですが
広角側は35mm換算値28mmとはいえ、14mmは14mm。
パースペクティブ効果は強めです。
手前にモノを入れるとウルサイ感じ。
(いや、ファインダーで見えるから自分の責任ピント位置もおかしいし)
アップするような写真ではないのですが自戒の為...。
操作も全く慣れてないし、こりゃ大変だわ。
 
 
...がんばろう。
 
 

最近の写真